ニコン D40

エントリーユーザー向けに割り切った感のある、ニコンの低価格デジタル一眼レフ。レンズ内モーター限定AFはちょっとやりすぎでは?オート専用のコンパクトなデジタル一眼レフとしては存在意義がある。
@610万画素(APS-C) A2.5型液晶 B約2.5コマ/秒 C475g
ニコン D40 価格比較




コンパクト、シンプルなニコンのエントリー機

ニコン D40は、D50をベースに小型化を図った、エントリーユーザー向けデジタル一眼レフ。CCDは有効610万画素で、D50と同じものを採用。ボディ内のAFモーターを廃止 し、AF測距点を3点とするなどして、小型化と低価格化を実現している。一方センサーのゴミ対策、ファイ ンダー倍率や連続撮影コマ数の向上など、スペックアップも果たしている。

トップクラスのコンパクトさ

D40はD50よりもひとまわり小さく、重量は475g。今まで発売したニコンのデジタル一眼レフで最も小さく軽い。EOS Kiss デジタルXよりも軽く、ペンタックス *ist DL2並の重量だ。これまで小型化を苦手としてきたニコンらしくないカメラだ。

大幅に小型化されたが、ニコンらしい男性的なデザインだ。ブラックボディの表面処理はD80同様エンボス仕上げとなっていて、質感はそこそこある。一方シルバーボディは、D40に限ったことではないが、いかにもプラスッチックといった雰囲気だ。おまけにシルバーボディは、使っていくうちに表面の塗装が擦れてしまうことがある。好みはあるだろうが、ブラックボディを選んだほうがいいと思う。

標準的な手の大きさの男性が構えると、小指がボディからはみ出てホールディングが不安定になる。小型化のためボディの高さが不足しているからだろう。ほぼ同じ大きさの、キヤノン EOS Kiss デジタルXは、そこまでホールディングを犠牲にしていない。

レンズ内モーター限定AFなど機能を省略

AFが縦横5点から、横一列の3点に省略されているのはちょっと納得いかない。このクラスのボディはほとんどAFて撮影することが考れる。特に初心者は、フォーカスロックなどほとんど使わないだろうから、おのずとAFでピントが合いやすい構図になってしまう。縦位置撮影ではそれが顕著になるのではないだろうか。AFのスピード、正確さは問題なく、凝ったことをしなければそれほど大きな問題はない。

ファインダー倍率は0.80倍と大きくなり、D50と比較すると格段に見やすくなった。ペンタックスK100Dには及ばないが、少なくともEOS Kiss デジタルXよりもピントの確認がしやすい。液晶モニターも当然2.5型が採用され、D80同様明るく屋外でも見やすいものになっている。また、どうでもいいことに思えてしまうのだが、液晶の壁紙のデザインが、好きなものに変更できるようになっている。

小型 ・軽量化と低価格化のために、ついにボディ内のAF駆動用モーターを廃止してしまった。これによってAF可能なレンズは、レンズ内モーターのAF-SレンズとAF-Iレンズに限定されてしまった。50mm F1.4をはじめ、ほとんどの単焦点レンズは、マニュアルでピント合わせすることになる。もっともこれは新規ユーザーにとっては影響ないことなのだろう。

610万画素ながら十分な画質

センサーはD50と同等の有効610万画素のものだが、画質は磨きがかかった。とても610万画素とは思えない精細さで、感度を上げても劣化が少ない。これならば1000万画素でなくてもいいじゃないかと思えてしまう。A4サイズでは比較しない限りまず不満はない。ダイナミックレンジもD50よりも広くなっているようで、白とびが少なくなっている。3年前の610万画素とは大きな違いだ。

ニコンD40はコストパフォーマンスはすこぶる高いし、画質もなかなかいい。しかし、どうもニコンらしさが感じられない。それはレンズ内モーター限定AFにするなど、過去を切り捨てるような潔さがあるからだ。そんなことは、これからニコンユーザーになる人にとっては、どうでも良いことかもしれないけど。

(2006年12月22日作成)

ニコン D40 性能表
項目 仕様
有効画素数 610万画素
撮像素子 CCD サイズ:23.7×15.6mm
最高解像度 3008×2000 ピクセル
感 度 ISO 200〜1600、ISO 1600に対し1段まで増感可能(1段ステップ)
画像記録方式 RAW、JPEG、RAW+JPEG
記録メディア SDメモリーカード、SDHCメモリーカード
ファインダー ペンタミラーファインダー
視野率95%、倍率0.80倍
フォーカシングスクリーン固定式
液晶モニター 2.5型 約23万画素
オートフォーカス 測距点:3点
AFモード:シングルエリア、ダイナミック、至近優先ダイナミック
露出制御 測光方式:マルチパターン測光、中央部重点測光、スポット測光
制御方式:デジタルイメージプログラム、マルチプログラム、シャッター優先、絞り優先、マニュアル
露出補正:±5段の範囲で1/3段ステップで補正可能
シャッター速度 1/4000〜30秒(1/3ステップ)、バルブ
連続撮影速度 約2.5コマ/秒
撮影可能コマ数 JPEG:100コマ (最高画質) RAW:5コマ
内蔵ストロボ ガイドナンバー12(ISO100・m)
シンクロ 同調速度1/500秒
手ぶれ補正 未搭載(手ぶれ補正レンズで対応)
電 源 専用リチウムイオン充電池
バッテリー寿命
大きさ 126(幅)×94(高)×64(奥行)mm
質量(本体のみ) 475g