デジタル一眼レフの歴史

1995年〜2000年
発売 機種名 撮像素子(画面サイズ) 連続撮影速度 本体重さ
1995年9月 キヤノン EOS DCS3 130万画素CCD※
(20.5×16.4mm)
2.7コマ/秒 1800g※2
1995年10月 ミノルタ RD-175 38万画素CCD×3
(1/2インチ)※4
約1100g
1995年12月 キヤノン EOS DCS1 600万画素CCD※
(27.6×18.4mm)
0.6コマ/秒 1800g※2
1996年9月 富士写真フィルム
フジックス DS-505A
140万画素CCD※
(2/3インチ)
1コマ/秒 1720g※2
1996年11月 富士写真フィルム
フジックス DS-515A
140万画素CCD※
(2/3インチ)
3コマ/秒 1850g※2
1998年3月 コダック DCS520 200万画素CCD※
(22.8×15.5mm)
3.5コマ/秒 1650g
1998年6月 富士写真フィルム
フジックス DS-560
140万画素CCD※
(2/3インチ)
1コマ/秒 1670g
1998年6月 富士写真フィルム
フジックス DS-565
140万画素CCD※
(2/3インチ)
3コマ/秒 1680g
1998年6月 ニコン E3 140万画素CCD※
(2/3インチ)
1コマ/秒 1850g※2
1998年6月 ニコン E3S 140万画素CCD※
(2/3インチ)
3コマ/秒 1860g※2
1998年10月 キヤノン EOS D2000 200万画素CCD※
(22.8×15.5mm)
3.5コマ/秒 1650g
1998年12月 キヤノン EOS D6000 600万画素CCD※
(27.6×18.4mm)
1コマ/秒 1650g
1998年12月 コダック DCS315 150万画素CCD※
(14×9.3mm)
2コマ/秒 1080g
1999年5月 コダック DCS620 200万画素CCD※
(22.8×15.5mm)
3.5コマ/秒 1580g
1999年5月 コダック DCS620 600万画素CCD※
(27.6×18.4mm)
1コマ/秒 1650g
1999年9月 コダック DCS660 600万画素CCD※
(27.6×18.4mm)
1コマ/秒 1580g
1999年10月 ニコン D1 266万画素CCD
(23.7×15.6mm)
4.5コマ/秒 1100g
1999年10月 ミノルタ
Dimage RD 3000
270万画素CCD※3 1.5コマ/秒 約1000g
1999年10月 コダック DCS330 300万画素CCD
(18.1×13.5mm)
1コマ/秒 1080g
2000年7月 富士写真フィルム
FinePix S1 Pro
340万画素CCD※
(23.3×15.6mm)
1.5コマ/秒 800g
2000年10月 キヤノン EOS D30 311万画素CMOS
(22.7×15.1mm)
3コマ/秒 780g
※:有効画素数の表示なし 他は有効画素数表示
※2:電池含む
※3:1/2インチ150万画素CCDを2個を合成し270万画素
※4:画素ずらしにより175万画素相当

90年代はコダック、富士フィルムの時代

90年代のデジタル一眼レフはコダックと富士フィルム(当時は富士写真フィルム)抜きには語れない。共に米国、日本を代表するフィルムメーカーは、早い時期からデジタル一眼レフを開発していたメーカーでもある。特に当時のコダックはデジタル一眼レフを牽引するメーカーで、キヤノンやニコンのベースボディから数多くのデジタル一眼レフをリリースしたのだ。

一方カメラメーカーは、キヤノン、ニコンともに自社ブランドでデジタル一眼レフをリリースするも、単にベースボディを供給するにとどまっていた。EOS DCSシリーズにしてもニコン E3にしてもそれぞれコダック、富士フィルムがデジタル部を供給していたのだ。

1995年に登場したキヤノン EOS DCS1はEOS-1nのベースボディに、デジタル部はコダック製で、すでに600万画素CCDを搭載していたのだから驚きだ。しかし、サンプル画像を見る限りでは、解像度、ダイナミックレンジともに現在のデジタル一眼レフとは比較にならないし、感度も低い。さらに連写速度は0.6コマ/秒で、3コマ目からは書き込みに8秒も待たされるという、フィルムには遠く及ばない実用性だった。EOS DCS1は発売価格360万円と中級車が買えてしまう価格であったので、プロでも手を出せるシロモノではなく、業務用の域を出ていなかった。

その後、フジックス DS-560やニコン E3で低価格化(77万円)を図った機種も発売されるが、140万画素と画質面で満足できるものではなく、サイズや連写性能も実用的なものではなかった。

初の本格的デジタル一眼レフ「ニコン D1」登場

1999年10月ニコン D1発売で状況が大きく変わる。はじめてカメラメーカーが本腰を入れて作ったデジタル一眼レフは、それまでにない実用性とコストパフォーマンスを兼ね備えていたのだ。画素数こそ266万画素と、当時のコンパクトデジカメ(130万画素〜211万画素)とさして変わりないが、大型CCDゆえに解像度、ダイナミックレンジ、感度共にそれらとは比較にならない画質のよさがあった。

また、はじめて普通につかえるデジタル一眼レフでもあった。ボディサイズ、重量共にフィルム一眼レフとほとんど変わらない程度までシェイプアップされ、連写速度も4.5コマ/秒、21コマまで連写可能になり、フィルム一眼レフと変わりないフットワークの良さを実現したのだ。

価格は当時としては破格の65万円ということもあり、D1はプロ、ハイアマチュアの間で話題になり、一時は生産が追いつかないまでになった。ニコン D1によって本格的デジタル一眼レフの歴史が始まったといってもいいくらいだ。

2000年には富士フィルムがFinePix S1 Pro(375,000円)、キヤノンがEOS D30(358,000円)をリリースし、デジタル一眼レフはもはやプロだけのものではなくなった。