広角ズームレンズ比較(デジタル専用)

シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC/HSM (35mm換算:15〜30mm)
税込定価:83,475円(フード付属)  実売価格・最安値  2005年7月発売
明るさの割には大柄だが、15mm相当の画角が得られ、描写性能の評価も高い。
HSM(超音波モーター)搭載モデルは、フルタイムマニュアルが可能で操作性は高い。ただしペンタックス、ソニーマウント用のHSM非搭載モデルは、フルタイムマニュアルはおろか、AF時にフォーカスリングが回転するので、他のマウントと使い勝手は異なる。
HSMのみ:超音波モーター ・フルタイムマニュアル ・AF時フォーカスリング非回転
対応マウント:シグマ・キヤノン・ニコン・ペンタックス・ソニー
最大径×全長
83.5×81o
重さ
465g
フィルター径
77mm
最短撮影距離
0.24m
レンズ構成
10群14枚
絞り羽根
6枚

キヤノン EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM (35mm換算:16〜35mm)
税込定価:102,900円(フード別売4,725円)  実売価格・最安値  2004年11月発売
キヤノンの10-22mmは、数ある超広角ズームの中でトップクラスの描写性能を持つ。ズーム倍率が2倍を超えワイド側、テレ側ともに超広角ズームとしては十分な画角で、テレ側でもF4.5と比較的明るい。キヤノンユーザーは、多少値が張るがこのレンズを選んだ方が後悔は少ないと思う。ただフードが別売りで、さらに4,725円もするのには関心しない。
・超音波モーター ・フルタイムMF ・AF時フォーカスリング非回転
最大径×全長
83.5×89.8o
重さ
385g
フィルター径
77mm
最短撮影距離
0.24m
レンズ構成
10群13枚
絞り羽根
6枚

税込定価:94,500円(フード付属)  実売価格・最安値  2008年2月発売
デジタル一眼レフ専用としては、初のF2.8大口径超広角ズーム。操作性、質感は他のAT-Xプロシリーズ同様に優れていて、価格も控えめ。F2.8としてはそれほど大きくないが、テレ側が16mmとまりと画角の変化は少ない。使い勝手は同社の12-24mm F4の方が良さそうだ。
・AF時フォーカスリング非回転
対応マウント:キヤノン・ニコン
最大径×全長
84×89.2o
重さ
560g
フィルター径
77mm
最短撮影距離
0.3m
レンズ構成
11群13枚
絞り羽根
9枚

タムロン SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II (35mm換算:16.5〜27mm)
税込定価:81,900円(フード付属)  実売価格・最安値  2005年5月発売
コンパクトで安価な広角ズームだが、ズーム倍率は1.6倍強しかなく、特にテレ側の焦点距離が不足している。描写性能は開放F値が暗いこともあり、絞り開放から安定した描写性能だが、このクラスはレンズメーカー、純正ともに強敵が多いので苦戦するだろう。コンパクトさを最優先するならば、うってつけのレンズだが。
対応マウント:キヤノン・ニコン・ソニー
最大径×全長
83.2×78.6o
重さ
345g
フィルター径
77mm
最短撮影距離
0.25m
レンズ構成
12群15枚
絞り羽根
7枚

ソニー DT 11-18mm F4.5-5.6(35mm換算:16.5〜27mm)
税込定価:89,250円(フード付属)  実売価格・最安値  2006年8月発売
タムロンの11-18mmと同じ光学系を持つ、デジタル専用広角ズーム。操作性もタムロン 11-18mm同じくAF時にはフォーカスリングが回転し、このクラスのレンズとしては見劣りする。
最大径×全長
83×80.5o
重さ
360g
フィルター径
77mm
最短撮影距離
0.25m
レンズ構成
12群15枚
絞り羽根
7枚

税込定価:170,100円(フード付属)  実売価格・最安値  2003年6月発売
ニコンの超広角ズームは、トキナー AT-X12-24mm F4とほとんど同じスペックながら、価格はトキナーの2倍ほどする高級仕様。AF、MFの切り替えがシームレスで行えるが、MFの操作性はトキナーの方が良く、画質面でのアドバンテージもそれほどない。ニコンユーザーは他にも選択肢があるので、このレンズにこだわる必要もないと思う。
・超音波モーター ・M/Aモード ・AF時フォーカスリング非回転
最大径×全長
82.5×90o
重さ
465g
フィルター径
77mm
最短撮影距離
0.3m
レンズ構成
7群11枚
絞り羽根
7枚

ペンタックス DA 12-24mmF4 ED AL[IF] (35mm換算:18.5〜37mm)
オープン価格(フード付属)  実売価格・最安値  2005年10月発売
トキナーと共同開発の超広角ズーム。AT-X124 PRO DXと同じ光学系ながら操作性、サイズともに異なる。がっしりした造りのトキナーよりも質感は劣るが、その分軽量コンパクトに仕上がっている。また画質の評価は高く、開放F値がF4通しで比較的明るい。
・クイックシフトフォーカス
最大径×全長
84×87.5o
重さ
430g
フィルター径
77mm
最短撮影距離
0.3m
レンズ構成
11群13枚
絞り羽根
8枚

税込定価:94,500円(フード付属) 実売価格・最安値   2004年11月
ペンタックスとの共同開発で光学系はペンタックス DA 12-24mmF4と同じだが、外観、操作性とも大きく異なる。ペンタックスよりも100g重いが、堅牢性、質感はトキナーの方が上。描写性能の評価が高く、画面周辺までシャープでコントラストが高い。ニコンユーザーは、よほどこだわりのない限り純正の12-24mm F4よりも、こちらを買った方がいいと思う。
・AF時フォーカスリング非回転
対応マウント:キヤノン・ニコン
最大径×全長
84×89.5o
重さ
570g
フィルター径
77mm
最短撮影距離
0.3m
レンズ構成
11群13枚
絞り羽根
9枚

税込定価:247,800円(フード組み込み) 実売価格・最安値 2005年3月
14mm相当の画角と最高レベルの描写性能を実現した超広角ズーム。もともと画面周辺部の描写性能が有利なフォーサーズに、両面非球面凹レンズ、EDガラスモールド非球面レンズやスーパーEDレンズなどの最先端のレンズを惜しみなく使っている。開放F値の割りに大きく、高価だが、価値のあるレンズだ。ただ一般的には縁がないだろうが。
・AF時フォーカスリング非回転
最大径×全長
86.5×119.5o
重さ
780g
フィルター径
-
最短撮影距離
0.25m
レンズ構成
12群18枚
絞り羽根
7枚

税込定価:111,300円(フード付属)   実売価格・最安値  2004年2月発売
操作性、描写性能は評価が高いがワイド側が物足りなく、画角が中途半端な割には、大きく結構な金額。明るさを少し抑えてでももっと広角側に振った方が良かったと思う。
・AF時フォーカスリング非回転
最大径×全長
75×92.5o
重さ
485g
フィルター径
72mm
最短撮影距離
0.28m
レンズ構成
10群12枚
絞り羽根
7枚