タムロン 一眼レフカメラ交換レンズ

デジタル一眼レフ専用レンズ
シグマと熾烈なライバル争いを繰り広げていて、ほとんど似たようなスペックのレンズを両社で発売している。経験、実績が豊富で、タムロンが最も得意とする高倍率ズーム、コンパクトな大口径標準ズームが話題を呼んでいる。どのレンズもコストパフォーマンスは非常に高い。

ズームレンズ
(APS-Cサイズ)デジタル一眼専用と考えるならば、望遠ズーム以外は選ぶ理由があまりない。35mm(フルサイズ兼用)ならば、広角ズームと28-300mmを組み合わせてみるのもひとつの手かもしれない。広角・標準大口径はコストパフォーマンスが優れているが、(APS-Cサイズ)デジタル一眼レフで使うメリットはほとんどない。

単焦点レンズ・マクロレンズ
デジタル対応の単焦点レンズは2本のマクロレンズしかなく、選択の幅はほとんどない。しかしそのマクロレンズはどちらも評価が非常に高い。タムロンといえば高倍率ズームという印象が強いが、実はタムロンのマクロレンズはフィルムカメラ時代から評価が高く、愛用者は多い。