デジタル一眼レフの画質はフィルムに追いついたか?

今やデジタル一眼レフは普及クラスでも1000万画素が当たり前となりました。そこでここ数年話題になっているのが、デジタル一眼レフの画質はフィルムに追いついたか?ということ。

チャートテスト上で解像度の点では、1670万画素のEOS-1Ds MarkUは、高解像度トップクラスのフィルム「フジクロームプロビア100F」に近い数値を示しています。他の1000万画素クラスでも、「プロビア100F」にかなわないものの、数値的にはなかなか健闘しているそうです。チャートテストでは、解像度は画素数にほぼ比例しているように思えます。

実写でも、デジタル一眼レフの画質は、被写体によってはフィルムとほとんど遜色ないレベルまで到達しているように思えます。特に草花のクローズアップやポートレートなど、色彩が比較的単調で、ボケを生かした撮り方をした被写体ではそう思わせるものが多いです。

しかし、様々な色や明るさの入り混じった風景撮影では、1,000万画素クラスのデジタル一眼レフでもまだフィルムには及ばないと感じるでしょう。理由はほとんどのデジタルカメラの撮像素子が、各画素に対してカラーフィルタを置き、それぞれ赤、青、緑の強さを感知してデータを合成することで色を再現しているからです。例えば、デジタル一眼レフが採用する原色系フィルタは、緑が総画素数の1/2、赤、青がそれぞれ1/4しかなく、1000万画素といえども、色彩が複雑に混ざり合う被写体では十分といえません。

多くのデジタル一眼レフのメリットに、感度を上げても画質の劣化が少ないということが挙げられます。
デジタル一眼レフもフィルム同様に感度を上げるにしたがって、ノイズが多くなり、解像度が落ち(ノイズリダクションをかけると顕著になる)ダイナミックレンジが狭くなりますが、その度合いはフィルムに比べ小さい。画質面を考慮すると、通常ISO800以上の高感度フィルムを使うことは、ほとんどないと思います。しかしデジタル一眼レフの中には、ISO800や1600で撮影しても、それと分からないくらい画質の劣化が少ないものもあります。

このことに通じるのですが、デジタルはシャドー部の再現力が優れている、ということもあげられます。
反面ハイライト部は比較的早く白飛びする傾向があります。

飛躍的に向上したデジタル一眼レフの画質も、まだ残された課題はあります。しかし、粗悪なカラーネガの同時プリントに比べれば、デジタル一眼レフの方がはるかに高画質のプリントを得やすいのではないでしょうか。