画素数アップの弊害

CCDやCMOSといった撮像素子は、デジタルカメラの画質を左右する大きな要素といえます。撮像素子のスペックで特に画素数は注目されていて、一般的に画素数が多ければ解像度の高 い画像が得られます。

ただしデメリットもあります。(同じ画面サイズで)画素数を多くすると1画素当たりの面積が小さくなり、1つの画素が受け取れる光の量が少なくなります。これは感度が低くなることを意味します。最近では撮像素子や画像エンジンの進化で、高画素でも高い感度を維持できるものもありますが、画素数を増やすと条件が悪くなるのには変わりがありません。

これはフィルムでも同じこととが言えます。粒子が細かく高解像度のフィルムは得てして低感度です。感度の低い撮像素子で無理に感度を上げると、ノイズが浮いてざらついた画像になってしまいます。そこでノイズリダクションの効果を高めると、解像度が落ちてしまいます。また1画素あたりの面積が小さいと微妙なトーンの表現ができなかったり、白トビ、黒ツブレが激しく立体感の乏しい画像になりがちです。

画素数が増えた分だけ撮像素子を大きくすれば、感度、ダイナミックレンジを犠牲にせずに解像度を上げることができますが、それではカメラ、レンズが無節操に巨大化してしまいます。メーカーは解像度と感度という、相反する条件をどうやってクリアするかが課題になります。