フランジバックとは

カメラのレンズの取り付け面から、受光面(フィルムや、CMOS、CCD)までの距離のことで、一眼レフではミラーが受光面の前に位置するために、長いフランジバックが必要となります。

このために広角系のレンズでは焦点距離に対して長いバックフォーカスが必要になり、理想的なレンズ構成が難しくなります。
このことから、ミラーの必要がなく、フランジバックの短いレンジファインダーカメラの広角系のレンズの方が設計しやすいということが言えます。

代表的なのフランジバックを以下に記します。

マウント名 フランジバック 種類
ライカ Mマウント 27.8mm レンジファインダー
キヤノンEF-Mマウント 18mm ミラーレス
ソニーEマウント 18mm ミラーレス
マイクロフォーサーズ 約20mm ミラーレス(4/3型)
ニコン1マウント ミラーレス(1型)
ペンタックスQマウント 9.2mm ミラーレス
フォーサーズ 40.0mm 一眼レフ(4/3型)
キヤノン EFマウント 44.0mm 一眼レフ(35mm)
ソニー(ミノルタ)
Aマウント
44.5mm 一眼レフ(35mm)
ペンタックス Kマウント 45.5mm 一眼レフ(35mm)
M42マウント 45.5mm 一眼レフ(35mm)
ニコン Fマウント 46.5mm 一眼レフ(35mm)
ライカ Rマウント 47.15mm 一眼レフ(35mm)
ペンタックス 645マウント 71mm 一眼レフ(645)

一眼レフと比較して、みらーを持たないミラーレス一眼やレンジファインダーカメラのフランジバックがかなり短いのが分かります。

また話はそれますが、サードパティー製のレンズアダプターを介して他社のレンズを装着する場合、基本的にフランジバック短い方が、多くのレンズに対応することが出来ます。(マウントの口径サイズも問題になりますが)