高級コンパクト デジタルカメラ比較(2/3型・1/1.7型)

キヤノン パワーショット G16
センサーを裏面照射CMOSにスイッチ。明るいズームレンズを搭載する多機能高級コンパクトの王道。
1/1.7型CMOS
1210万画素
(有効画素数)
5倍ズーム
(28〜140o)
F1.8-2.8
92.2万ドット
3.0型
液晶
最高感度
ISO12800

本体サイズ:108.8×75.9×40.3mm 重さ:356g/314g(撮影時/本体)
光学式
手ブレ補正
連続撮影
12.2コマ/秒
1920×1080
60fps動画
光学式
ファインダー
アクセサリー
シュー
2013年9月発売 キヤノン パワーショット G16 価格比較
パワーショットG1から数えて13代目にあたる高級多機能コンパクトデジカメのベンチマーク。ニコン P7000番台も多分にGシリーズの影響を受けていることが伺える。5倍ズームとしてはとても明るく、センサーは自社製から高感度と動画性能に提供のあるソニー製裏面照射型CMOSセンサーに変更。一見大きな変更はなさそうだが映像エンジンがDIGIC6になったこともあり、動画は60P対応、連続撮影性能も大幅に向上している。高級コンパクトとして死角は少ないがニコン P7800が最大にライバルになりそうだ。
キヤノン パワーショット S120
レンズがさらに明るくなった薄型高級コンパクト。
1/1.7型CMOS
1210万画素
(有効画素数)
5倍ズーム
(24〜120o)
F1.8-5.7
92.2万ドット
3.0型
液晶
最高感度
ISO1280

本体サイズ:100.2×59.×29.mm 重さ:217g/193g(撮影時/本体)
光学式
手ブレ補正
連続撮影
12.1コマ/秒
1920×1080
60fps動画
2013年9月発売  キヤノン パワーショット S120 価格比較
G15と同じく裏面照射CMOSセンサーを搭載し、高感度画質と連続撮影速度が向上、さらにレンズは広角端がF2.0からF1.8へ、望遠端がF5.9からF5.7へと若干明るくなっている。キヤノンらしいそつの無いつくりのお手軽高画質コンパクト。
キヤノン パワーショット S200
今では少数派となったCCDを搭載したコストパフォーマンス重視の高画質コンパクト。
1/1.7型CCD
1010万画素
(有効画素数)
5倍ズーム
(24〜120o)
F2.0-5.9
46.1万ドット
3.0型
液晶
最高感度
ISO6400

本体サイズ:99.8×59.0×26.3mm 重さ:181g/160g(撮影時/本体)
光学式
手ブレ補正
連続撮影
4.5コマ/秒
1280×720
24fps動画
2013年9月発売  キヤノン パワーショット S200 価格比較
今となっては珍しいCCDを搭載する高画質コンパクト。過去に存在したS95のようなスペックで、最新の技術を投入したというよりも、コストダウンを図ったお手軽高画質モデルの意味合いが強い。RAW撮影には非対応、また動画も1280×720と他の高級機とは明らかにスペックは劣る。ただしCCDならではの低感度での画質を求めるならば需要はあると思う。
パナソニック LUMIX DMC-LX7
F1.4と最も明るいレンズを搭載するマニュアル志向の強い上級者向けコンパクト。
1/1.7型MOS
1010万画素
(有効画素数)
3.8倍ズーム
(24〜90o)
F1.4-2.3
92.0万ドット
3.0型
液晶
最高感度
ISO6400

本体サイズ:110.5×67.0×45.6mm 重さ:298g/269g(撮影時/本体)
光学式
手ブレ補正
連続撮影
12コマ/秒
1920×1080
60p動画
アクセサリー
シュー
2012年8月発売  パナソニック LUMIX DMC-LX7 価格比較
1.4-2.3非常に明るいズームレンズを搭載するパナソニックの最上級コンパクト。画質もさることながらマルチアスペクトにも対応、さらにレバー、リングなどによる直感的な操作が可能なマニュアル重視の操作性など完成度が高い。外寸はそれほど大きくは無いが、レンズ部の出っ張りやや大きいため収納性はそれほどよくは無い。
パナソニック LUMIX DMC-LF1
電子ビューファインダーを搭載する7.1倍ズームコンパクト。
1/1.7型MOS
1210万画素
(有効画素数)
7.1倍ズーム
(28〜200o)
F2.0-5.9
92.0万ドット
3.0型
液晶
最高感度
ISO6400

本体サイズ:102.5×62.1×27.9mm 重さ:192g/170g(撮影時/本体)
光学式
手ブレ補正
連続撮影
12コマ/秒
1920×1080
60i動画
20.2万ドット
ファインダー
2013年6月発売 パナソニック LUMIX DMC-LF1 価格比較
コンパクトナボディに28〜200o相当の光学7.1倍ズームレンズ、電子ビューファインダーを搭載。撮影領域は広いが操作性、拡張性や動画性能はLX7に及ばない。ただ、機能の割にはとてもコンパクトに収まっている。
ニコン COOLPIX P7800
28〜200o相当の明るい高倍率ズームレンズ、新たに電子ビューファインダー搭載の多機能モデル。
1/1.7型CMOS
1219万画素
(有効画素数)
7.1倍ズーム
(28〜200o)
F2-4
92.0万ドット
3.0型
バリアングル液晶
最高感度
ISO3200

本体サイズ:118.5×77.5×50.4mm 重さ:399g(撮影時)
光学式
手ブレ補正
連続撮影
8コマ/秒
1920×1080
30fps動画
92.0万ドット
ファインダー
アクセサリー
シュー
2013年10月発売 ニコン COOLPIX P7800 価格比較
光学ファインダーが省略されたP7700から一転、92.0万ドットの電子ビューファインダーを搭載した多機能本格モデル。キヤノン パワーショット Gシリーズを多分に意識したことがうかがえるが、撮影領域に関してはP330が60p対応なのに対して後発の上級機である本機は未対応。それでもキヤノンのGシリーズにとっては脅威になりそう。
ニコン COOLPIX P330
キヤノン パワーショットSシリーズと真っ向勝負のハイコストパフォーマンスモデル。
1/1.7型CMOS
1219万画素
(有効画素数)
5倍ズーム
(24〜120o)
F1.8-5.6
92.0万ドット
3.0型
液晶
最高感度
ISO3200

本体サイズ:103.0×58.3×32.0mm 重さ:200g(撮影時)
光学式
手ブレ補正
連続撮影
10コマ/秒
1920×1080
60fps動画
2013年3月発売  ニコン COOLPIX P330 価格比較
広角端でF1.8と明るい24o〜の5倍ズームレンズ搭載のコンパクトタイプ。キヤノン パワーショット Sシリーズと良く似たスペックだが若干地味な印象。ただし本機はコストパフォーマンスが高い。
富士フイルム X20
2/3型CMOSセンサー、F2-2.8の明るいズームレンズを搭載した光学ファインダーモデル。
2/3型CMOS
1200万画素
(有効画素数)
4倍ズーム
(28〜112o)
F2.0-2.8
46万ドット
2.8型
液晶
最高感度
ISO12800

本体サイズ:117×69.6×56.8mm 重さ:353g/333g(撮影時/本体)
光学式
手ブレ補正
連続撮影
12コマ/秒
1920×1080
60fps動画
光学
ファインダー
アクセサリー
シュー
2013年2月発売  富士フイルム X20 価格比較
他社が採用する1/1.7型よりも若干大きいセンサーを採用。センサーの特性か状況によってはやや癖がある場合はあるが、レンズ性能が優れているため描写性能は良好。実像ファインダーやアクセサリーシューを搭載し質感お高い筐体のためやや重量感はある。ただし手動ズームやダイヤル類を多用した操作性はなかなかのもの。
富士フイルム XF1
扱いやすいマニュアルズームレンズ、2/3型CMOSセンサーを搭載した薄型高画質コンパクト。
2/3型CMOS
1200万画素
(有効画素数)
4倍ズーム
(25〜100o)
F1.8-4.9
46万ドット
3.0型
液晶
最高感度
ISO3200

本体サイズ:107.9×61.5×33.0mm 重さ:225g/204g(撮影時/本体)
光学式
手ブレ補正
連続撮影
7コマ/秒
1920×1080
30fps動画
2012年11月発売  富士フイルム XF1 価格比較
各社が高級コンパクトをリリースする中、富士フイルムは操作性やただずまいに独特なものがあり(それがユーザーをある程度絞り込んでいることもあるが)ベテラン層にも人気がある。XF1は上級機のX20と同等の2/3型CMOSセンサーを搭載した4倍ズーム機。X20よりもレンズは暗くファインダー、アクセサリーシューは省略されているが、その分コンパクトでコストパフォーマンスが高い。
オリンパス STYLUS XZ-2
オリンパス STYLUS XZ-2と兄弟機ながら、違った個性を持つペンタックスの高級機。
1/1.7型CMOS
1200万画素
(有効画素数)
4倍ズーム
(28〜112o)
F1.8-2.5
92万ドット
3.0型
チルト液晶
最高感度
ISO12800

本体サイズ:113×65.4×48mm 重さ:346g(撮影時)
センサーシフト式
手ブレ補正
連続撮影
15コマ/秒
1920×1080
30fps動画
アクセサリー
シュー
2012年10月発売  オリンパス STYLUS XZ-2 価格比較
XZ-1の後継機種にあたるXZ-2はペンタックス MXのベースになったカメラでもある。ペンタックス MXがどちらかと言うと雰囲気で選ばれるモデルであるのに対し、XZ-2は機能、性能で選ばれるカメラだ。アクセサリーシュ-を搭載しながら50g近く軽く、トータルではこちらの方が性能、機能面ではやや上。
ペンタックス MX
オリンパス STYLUS XZ-2と兄弟機ながら、違った個性を持つペンタックスの高級機。
1/1.7型CMOS
1200万画素
(有効画素数)
4倍ズーム
(28〜112o)
F1.8-2.5
92万ドット
3.0型
チルト液晶
最高感度
ISO12800

本体サイズ:122.5×60×51.5mm 重さ:391g/363g(撮影時/本体)
センサーシフト式
手ブレ補正
連続撮影
4.21コマ/秒
1920×1080
30fps動画
2013年5月発売 ペンタックス MX 価格比較
オリンパス STYLUS XZ-2と兄弟機に当たるMXは明るい4倍ズームレンズを搭載したクラシカルな高級コンパクト。かつてのマニュアル一眼レフ ペンタックス MXと同じロゴを採用し、雰囲気的にもその時代(70年代)のものがある。質感、画質は良好だがファインダー、アクセサリーシュー未搭載でありながら、多機能モデルのキヤノン パワーショット G16よりも重い。ペンタックス MXはユーザーを選ぶコンパクトデジカメだ。